大人の女性は下肢静脈瘤に狙われている|治療すれば治ります

医者

免疫を活性化させる

先生

がん細胞は実は正常な私たちのお体にもつくられています。それらががんとして発症しないのは免疫力ががん細胞を抑え込んでくれているからなのです。免疫療法を治療の手段として用いるにあたっては病院選びをしっかりしましょう。

Read

初期の段階で治すために

病院

大腸がんは、初期の場合は肛門からの内視鏡の挿入によって治療することができます。日帰りも可能なので、この治療で済ませるために多くの人が、早期発見のための定期検診を受けています。ある程度進行していた場合には、腹腔鏡による治療がおこなわれますが、病巣が大きい場合には開腹手術や長めの入院が必要になります。

Read

リンパ球を増やしがん治療

ナース

新陳代謝の盛んな消化器官の粘膜では顆粒球の働きで活性酸素が発生しやすいため、粘膜が傷ついてがん細胞に変化する確率も高まります。がん細胞を排除するリンパ球が減少するとがんを発症するのです。免疫療法はこのリンパ球を大量増殖させ、がん細胞を退治させる方法です。培養技術の進歩が免疫療法を後押ししています。

Read

脳の血管異常が原因です

カウンセリング

出血やひきつけが主な症状

脳動静脈奇形という病気をご存知でしょうか。脳の血管の病気で、先天性の病気です。人は胎児の時に、脳の血管が動脈と静脈、そして毛細血管に分かれますが、その際に何らかの支障によって、動脈と静脈がつながってしまうことがあります。これが脳動静脈奇形で、本来は別々で機能するはずの動脈と静脈が一緒になり、動脈への圧力が静脈にもかかってしまいます。このため、患者のうちの4割から8割は何らかの形で血管が切れてしまい、脳内出血やくも膜下出血を引き起こすことになります。症状は出血する部位によって異なりますが、脳内出血の場合は手足の運動障害、くも膜下出血の場合には激しい頭痛や嘔吐がみられます。また、これらの症状がない場合も出血しやすかったり、あるいはひきつけを起こしたりすることがあります。

検査と治療方法

脳動静脈奇形による出血の好発年齢は、20代から40代で、特に男性に多く見られます。検査がCTやMRIにより行われます。ただしCTやMRIだけでは、診断が難しい場合には、血管造影による最終的な検査が行われることになります。脳動静脈奇形の治療方法は、現在は手術、放射線、そしてカテーテルによる塞栓術が行われます。手術は開頭し、奇形の部分を摘出します。また放射線は、手術で難しい場合に行われ、とりわけガンマナイフと呼ばれる、小さな病変を狙った閉塞方法が、効果的といわれています。またカテーテル方法は、股の部分にある大腿動脈からカテーテルを頭部へと挿入して、塞栓物質を頭部に送り込みます。これによって脳動静脈奇形が閉塞され、出血が起こらなくなります。体に負担をかけないため、かなり人気のある方法です。

注射で治せる

下肢静脈瘤といっても死に至るほど重要な病気ではないので安心していても大丈夫です。しかし、我慢できないくらいの痛みが伴うとなれば応急処置をするか、病院で適切な治療を受けるといいかもしれません。といっても、初期症状の場合は手術などの大掛かりなことをしなくてもいいので安心することができるでしょう。下肢静脈瘤の治療方法はたくさんあり、一番効果的といわれているのが注射を打つ方法といえます。これなら確実に血管の中に直接薬を入れることができるので、すぐに改善することができるでしょう。また、弾性のある包帯などでグルグル巻きに縛って治すという治療法もあるのです。